INFORMATION 201910/20[β版公開中]

ただいまリニューアル中です。そのためデザインやテキストが崩れていることがあります。
2019年12月までに再起動予定です。

2019年は最大級に絶望的らしい……多くの占い本が今年1年間はじっと耐えろといってくる

2019年3月10日

占いやスピリチュアルをバカにするなかれ

ひと昔前〝風水〟にかなりハマっていた頃は、なんだかんだと毎月5000〜38000円の懸賞に続々と当選。ちょっとサボると当たらなかったりした。

また、昔仕事でお付き合いした成功者の多く……例えば、起業家やコンテンツ企画で1000万円以上儲けた人のほぼ100%が〝占い〟を信じていたり、実践してた。

目の当たりに、占いで成功する姿を見てきました。
また、自分にも成功体験があるわけです。

実際ニュースにならないだけで、政治家や大企業の社長さんがスピリチュアルを重んじているというハナシはよく聞きます。

2019年の占い本において驚くほど〝オールダメ出し〟ときた

個人的には理系出身なので非科学的なものや非論理的なものには多少嫌悪感はありますが……逆に詳しくなるほど「科学では証明できない」という結論にたどり着く事例も多々あります。

ゆえに、もともと〝占い〟は当たると感じることが多いので、ついつい気になるわけです。

そのなか、2019年のワタクシの運勢は調べても調べても調べても絶望的

あらゆる占い本で、すべてダメ出しなんです、これが。

「現状維持を目指して何もするな」
「新規事業や転居や結婚は禁止」
「じっとして暮らし来年の準備をはじめよう」
「ヘタに動けば損害のほうが大きい」

しかも人間関係も大変なことになるという。
昨秋、ひさひざに胃が痛くなるほど、面倒なことに数回巻き込まれたのに……。

ちなみに唯一、2019年の運勢を肯定的に書いていたのはダイゾーの占い本だけで、逆におもろい。

2018年12月本格的に仕事再開したばかりなのに

2018年12月に「再起動!」と宣言したのに、いきなりのテンションダウン。
なにもするな!とみんながいってくる。

縛られた足
出典:GAHAG

ゆえに、まずは目の前の課題をひとつずつ確実に進めることにしよう。

映画と文章教室の山口市初開催はなんとか春にできそうだけど……仕事の営業はまだできていない。

山口県周南エリアに、編集ライター仕事ってあるにはあるけど、受注に結びつくモノがあるかは微妙。

占い本のアドバイス通りだと、今年1年じっと耐えるべきらしいけど……あえてトライして失敗する1年にしてみるのもありかも。

しかし、地方都市だと一度失敗するとV字回復が難しいと感じています。
人間関係が極めて狭いため、信用回復が極めて厳しいというのもすでに身近でみてしまった。

だから、某氏にも「この機会に都会に出てみれば」とアドバイスしたことも。