INFORMATION 201910/20[β版公開中]

ただいまリニューアル中です。そのためデザインやテキストが崩れていることがあります。
2019年12月までに再起動予定です。

山口県でやるべきことは、地域活性化のコミュニティ・ビジネスなのか

2019年3月12日

★2019/03/06追記

周南市「ポルト745(仮)」構想(2019年3月11日仮設Webサイト公開開始)
http://surumedia.com/PORTO745/

=======================

2018年12月、活動本格再開直後のため、まだまだ山口県人ビギナーとしていろんな方々にご意見を伺っております。

ぜひ、匿名メールでもかまいませんので、山口県や各地域が抱えている課題についてより詳細を教えていただきたい。当方は新参者として、地域の〝呪縛〟なくいろいろ提案できるのがたぶん唯一のウリ。

そのなか、まず必要なのは〝コミュニティ・ビジネス〟なのではないかと感じています。

山口県の県境
出典:素材 写真AC

まずは、セミナーやイベント参加費無料が当たり前というの山口県で、他府県では当たり前、安くて1000〜2000円払って参加しようという〝セミナー・イベント文化定着〟の道筋作りを模索中。

なにしろ、無料開催で、本当に〝文化〟が地域で育つのか?……はかなり疑問で、専門家さんも数年前から指摘されているヤツです。

すでに地域においてセミナー・イベントの開催経験者ならば、運営費などで実感されているはずで、それこそコミュニティ・ビジネスにおける課題ではないでしょうか。

いうまでもなく、有料開催となれば、参加者の意識も高く、開催内容も問われます。
結果として、セミナー・イベントのクオリティアップと地域活性化の底上げにもなるはず。

※これについては、随時実践・考察し、追記いたします。

また、のちのちいかにしたら映画館「シネマ・ヌーヴェル テアトル徳山(山口県周南市)」を買い取り・運営できるかもただいま妄想中(最近は東宝系上映館を山口県に誘致したい気持ちが強いです)。

とはいえ、まずは「コミュニティ・ビジネス」という概念を地域に定着させつつ、ひとつずつ地域課題を検証・提案・実践のうえ、理想は解決山口県から地域活性化アイデアを発信したい。

そのために、山口県周南エリアだけではなく、山口市や岩国市、下関市。
広島市や福岡県でセミナー・イベントを今後開催するなかで、地域課題を体感していく。

周南市または山口県における〝場〟作りを、まちライブリー開設も含めて企画・開設。 宣言URL(2018/12/07更新)

その第一歩として、2018年11月「さいきょう実践創業塾」にて作成した事業計画書の一部を企画書として近日公開いたします。

そのうえで、賛同者をひとりずつ募ります。