編集ライター・セミナー講師・Webコンサルティング

怒るべきときに怒るのは子供なのか[辞任の瞬間の思考回路]

怒るべきときに怒るのは子供なのか[辞任の瞬間の思考回路]

たぶん世の中には許してはいけないことがいくつかあって……。
例えば、人を殺してはいけないといか、人の自由を奪ってはいけないとか。

時代の価値観に左右されたとしても、許してはいけないことがあると思う。

オカンの強い影響もあって、浮気もそのひとつだ。

許せないこと

そして、守りたいこともいろいろとある。

悪いことをしたらなんとか謝ろうとか、ウソをつくのはダメだとか。


そのうえで、シゴトがら、モノを伝えるマスコミのひとりとして、最低限のモラルや取材スタンスも自分なりに絶対に守りたいことがいくつかある。

それは、自分のなかで、許してはいけないことや守りたいことと同じで、それを裏切ったら、自分が自分でなくなる気がする

その意識を持って、いつもシゴトをしている。
いや、シゴトだけではなく、人生そのものといってもいいかも。

自分が自分であるために

というか、こんな不安定なシゴトをしていて、自分を見失うことは、死ぬことと同じだ。

で、そんな自分が許せない会社もたまにある。

そんな会社となんの疑問もなくつきあっているニンゲンも嫌いだ。

もちろん世の中いろいろとあるので、キレイごとばかりじゃない
それじゃ、なぜキレイなことが分かっているのに、キレイなことを目指さないのか?

 

3月末頃にもちょっと書いたけど、実は冷静に判断して、自分で正しい道を選んだつもり。
ハタ目にはキレた印象を先行させたので、自分の考えを知っている人は世の中にはいないんだけど。

自分の価値観のなかでは、人を殺すとか、ウソをつくとか、それらと同じ行為なので、シゴトも辞めたわけで。

 

ほんで、昨夜、その会社のニンゲンと飲み場で同席して、当時のことを思い出して、本当にアタマに来てしまった。

確かベートベンのコトバだったと思うけど。

怒るべきときに怒らない人間は真のバカである。
自分は怒れる人間になりたい。

時がたっても、殺人が許されないように。

許してはいけないことはやはりあると思う。

日々是好日カテゴリの最新記事

Scroll Up