編集ライター・セミナー講師・Webコンサルティング

年収600万円減…関西のフリー編集者は親の年金で食べている

年収600万円減…関西のフリー編集者は親の年金で食べている

いよいよ確定申告の季節。
というわけで、過去の確定申告といろいろと比較して、ビックリ。

なんと!
5年前と較べて、600万円以上の減収

出典:無料写真素材 写真AC

確かにここ最近は月に1週間ぐらいしか働いていないので、当たり前といえば当たり前(単価は下がっていません)。

 

もう笑うしかない。

 

それでよく毎月10万円のカード支払いしているなぁ……と感心するけど、これが自分でも不思議。

 

あらためて振り返っても、過去3年くらいは、月1週間しか実質働いていない。
あとは、お金にならない企画ばっか。

さすがに今回は目が覚めたというか、頭をぶん殴られた感じ。

 

というわけで、今年はどんなシゴトも断らずにやる!

しかし、昨今の業界単価は下がりっぱなし。
がんばっても年収+150万円が限界かも。

うるうる、それほど世の中は不景気だったのだな。

 

ならば、ひと一昔の前のように、ギリギリ生活でいいから、映画企画の1本でも考える生活のほうが楽しいかもしれない(映画作りたいッス)。

 

そのなか……。

先日の「出版ネッツ関西支部」セミナーで聞いた話では、関西在住の40代フリー編者者の多くが収入少なく、親の年金で食べている人も多いとか。

 

なんかリアリティ出てきたな。

ははは……。

まずは笑顔でガンバ。

 

※その後、マジで借金だけの日々が待ち受けてました。

シゴトカテゴリの最新記事

Scroll Up