編集ライター・セミナー講師・Webコンサルティング

悪露を知った10代、リアルだった不妊問題で母胎の大事さを再確認

悪露を知った10代、リアルだった不妊問題で母胎の大事さを再確認

不覚にもぽろぽろ泣いてしまった。

2003年11月17日(月)、日本テレビ系列で21時から放送、スーパーテレビ情報最前線 『妻は泣き…夫は祈った 巨大不妊病院の真実』がそれだ。

不妊というのは、まったく人ごとではない。

以前インタビューしたハイヒール・リンゴさんも現在不妊治療中だし、かつてのカノジョさんも実は産めない人だった。

■ 不妊症だった元カノさん

カノジョにはじめて告白したときは「あなたの子供が欲しいから、この身体ではつきあえない」といわれ、その後さまざまなドラマあり……。

自分は実家に電話して「孫の顔見れなくてもええよな、オレが幸せならええやろ」と親に宣言してつきあった。

というのも、自分のような好き放題生きている〝放蕩息子〟にとって、唯一の親孝行といえば〝孫〟の顔を見せることぐらいしかないのだ。

それが親孝行としての最低限……と、この仕事をはじめてから決めていたところもあった。

それでも、ふたりで歩むことを選んだのだな。

■ 高額すぎる不妊治療

本題に戻しますと……。

不妊治療というのは、いつも思うけど、保険がきかないから大変なんである。

よく芸能人の不妊治療〝美談〟になったりするけど、冗談ではない。

フツーの社会人にとっては死活問題
まして、自分は先の見えないフリーランスである。

月に30万円以上もかかる医療費など。
不妊カンケーの法整備を進めろーーっーの!

昔の日記に書いたけど、自分は妊娠・出産については意外と詳しいほうで〝悪露〟についても高校生のときから知っている。

当時NHKでいっぱい見て憶えてしまった。

■ 古い考えかもしれないけど、母胎はオトコが守る

とにかく妊娠・出産は大変なのだ。

ゆえに、母胎はオトコが守るものという責任感は異常なほど強い。
きっと女子には〝引かれる〟かもしんない。

だから、家事全般が詳しいというのもある(母胎フォローのため)。

まぁ、そんなこんなで、グッときて、ちゃらちゃらしてしてんじゃねーよ……と世のヤローどもに言いたいわけである。

母胎はホンマに大変なんだよー。

■ 浮気ができない理由はこれか?

……とかいいつつ、10代で母胎の大変さを知ることがなかったら、フツーに浮気できるオトコになれたんだろうなぁと……とちょっぴりというか、悔しいのもある。

まぁ、おかんの教育も厳しかったなぁ。

テレビカテゴリの最新記事

Scroll Up